鳥見的遊山

幽玄の森

西大台のブナ林。
年間5,000mmにも及ぶ降水量は豊かなブナ林と林床の苔を育んできました。
その高い空中湿度からもたらされる真っ白なはずの霧が、
もうすっかり展葉した、新緑と云うには遅すぎる落葉広葉樹の緑に染まって
ちょっと不思議な光景でした。
d0037282_22285825.jpg




霧は森だけでなく、ブナ林に住むいきものすべてを幽玄に変えてしまいます。
500mm手持ち、という実に厳しいコンディションながら、
その雰囲気の一端でも伝えられたら・・・

#つまり霧で鳥さんがはっきり写らなかったってコト?「(≧ロ≦) アイヤー

幽玄ニホンリス
d0037282_224035100.jpg


幽玄オオルリ
d0037282_22382058.jpg


幽玄オオアカゲラ
d0037282_2242112.jpg


幽玄ミソサザイ
d0037282_22462692.jpg


時に霧が晴れて幽玄でないオオルリさんにも少し出会えました。でもちょっと遠い・・・
d0037282_2361038.jpg


霧の利点としては、いきものとの距離がうんと近くなる、という点が上げられるでしょう。
幽玄の森は、意外に観察向きのコンディションかも知れません。
[PR]
by suzuka_bird | 2007-07-07 23:09 | 大台ヶ原