鳥見的遊山

カテゴリ:背割堤・立田村( 8 )

夕焼けノスリ

メリクリ~♪

クリスマスとは全然関係ありませんが、
木曽川で養老山地をバックに夕焼けノスリです。

d0037282_22451861.jpg


そろそろ在庫をあさるのも面倒くさくなってきました(^^;
それにしても、なんだかシルエットの絵が多いなぁ・・・
[PR]
by suzuka_bird | 2010-12-25 22:29 | 背割堤・立田村

オオタカ

ご無沙汰ばかりで申し訳ないですm(_ _)m

そろそろ復帰、、、と思いながら、
α700、α200と立て続けにメーカー送りに(Q_Q)↓
仕方ありませんので、在庫から・・・

木曽川背割堤のオオタカです。
分かりにくいですが虹彩の色から左は♂、手前右側は♀
どちらも立派な成鳥と思われます。

とーちゃんはかーちゃんの方が気になる様子ですが、
かーちゃんは全く無視のしらんぷりん・・(^^;
地味に面白かったので2羽を入れてパチリ。

d0037282_13462038.jpg

[PR]
by suzuka_bird | 2010-12-12 13:49 | 背割堤・立田村

iphotoで遊んでみた

立田のハス田に行きましたら、見事になーんにもおりませなんだが、
ハマシギご一行さまが水田で休憩中でした。
ちょっとむずかしい光線だったので、写真をiphotoでいじってみました。

エフェクトという機能を使って、セピア色に色づけして少しフチをぼかして・・・
ちょっとノスタルジックな雰囲気になった・・・かな。

#できの悪い写真をごまかしただけです、はい・・・(--#)

d0037282_22381058.jpg


ちなみに・・・
[PR]
by suzuka_bird | 2009-11-28 22:35 | 背割堤・立田村

背割堤から鍋田へ

珍しくお休みの日曜日・・・(+_;)
山へ行こうかと思いましたが、真っ白な鈴鹿にひるんで
鳥さん装備に変更して木曽三川から鍋田方面へ出撃しました。

木曽川にはコハクチョウが来ているはず。
tontonto-nさんのブログにあったコハクチョウのような
迫力のあるお写真が撮りたかったのですが、
どうも、こちらの白鳥さんたちは動きが緩慢といいますか、やる気があまり感じられません。
d0037282_2331383.jpg


More
[PR]
by suzuka_bird | 2007-12-16 23:59 | 背割堤・立田村

チュウヒのいる「風景」

はじめにお断りしておきますが、
今回のお写真は、バードスケープとして鳥さんのいる風景を撮影したものでございます。
主題はもちろん風景でございまして、鳥さんではありません。
決して鳥さんが大きく撮れなかった・・のではありません・・・(/_;)しくしく

さて、これまた久しぶりの鳥さんは木曽川の背割堤にてアシ原のタカ、チュウヒ♂
ヨシやヤナギの上を低空でトリッキーな飛び方をして狩りをします。
風景としてならば、木曽川や揖斐川で見るチュウヒがもっともお気に入りです。
ヨンヨンゴ×1.4テレコン手持ちで。

d0037282_23111815.jpg

d0037282_2314392.jpg

d0037282_23183081.jpg


More
[PR]
by suzuka_bird | 2007-12-07 23:30 | 背割堤・立田村

良いお年をお迎え下さい

一年の締めくくりはやっぱり縁起モノのタカだろう、ということで、
さらにブログのタイトルのように野鳥と一緒に山も写真におさめたい・・・
ということで、二日続けてプチ遠征しました。
年末の大寒波で鈴鹿も白く雪化粧して良い感じです。
しかし肝心のタカは果てしなく遠く・・・まぁ欲をかいたらキリがありません。
年末のご挨拶替わりに、ファインダーにおさまったものをいくつか・・・



背割にて、孤高のミサゴ
d0037282_1912263.jpg


More
[PR]
by suzuka_bird | 2006-12-31 19:18 | 背割堤・立田村

背割堤番外編

とりあえず先週からの続きネタで背割のグライダーなど。

背割にあるグライダー飛行場。
河川敷ならではの土地利用でしょうが、同時にこの河川敷一帯は探鳥の名所。
鳥見人との共存にはいろいろ苦慮されているご様子が・・・

何せ鳥見人は鳥が出たら動かない(笑
しかしグライダーの飛行には周辺にいろいろな危険もあるので早々に立ち去ってもらいたい。
でも中には、お前らの指図を受ける筋合いはない、、などと言うご仁いるであろう。
とても腰の低いグライダーサークル?のお兄さんがやってきて、我々に今から離陸するのでそれを待ってから速やかに立ち去って欲しい、と伝える。
しかし我々のレンズは鳥からグライダーに向いてしまったので、いっこうに立ち去る気配はない。
そこにとどまっている限り一応危険はないからお兄さんもそれ以上のことは云わない。

グライダーは滑走路終点2〜3百メートル先のウィンチで高速で巻き取られるワイヤーで牽引され、あっけなく舞い上がる。グライダーに引っかけられたワイヤーは上空で切り離され、パラシュートで降下し、それはすぐに車で回収されスタート地点まで戻って次のグライダーに取り付けられる。その繰り返し。
以下なんちゃって1200mmにて。

離陸前。お兄さんが小脇に抱えている座布団は座席に敷くものか。グライダーの座席はそれほど堅いのか、果たしてそういうものなのか。
d0037282_2312858.jpg


More
[PR]
by suzuka_bird | 2006-12-24 23:10 | 背割堤・立田村

木曽川背割堤

ブログ界の風流人、遊野さんをお迎えしてK川へプチ遠征。
探鳥会でも下見の時ばかりお目当てがいっぱい出て、本番ではさっぱり・・・
なんてことありがちですが、
今回は鳥運の良い人ばかりの集まりで、みなさんに感謝々々です。
d0037282_19235027.jpg


More
[PR]
by suzuka_bird | 2006-12-17 19:38 | 背割堤・立田村