鳥見的遊山

カテゴリ:機材( 8 )

縦位置グリップVG-C70AM

重たくなるんで持たない主義だったんですが・・・

悪魔のささやきが夜ごと聞こえて参りまして〜
Fカメラのページ、目から入った情報が脳を経由せずそのまま人差し指に、
気がつくと自宅にこのようなものが届いておりました。

ということで、このたび宗旨替えです(^^;
これで私の写真も少しは変わるでしょうか。
その前に写真を撮りに行かないと・・・・(。_゜)☆\(ー_ー)
d0037282_2381647.jpg

[PR]
by suzuka_bird | 2010-08-02 23:08 | 機材

100マクロと100-300ズーム

d0037282_22553937.jpg


別に悪徳オークションを始めたわけではありません。

左が100-300(D)APO、右が100マクロ(D)。
どちらもミノルタ時代にそろえたレンズです。
何年付き合っているのか忘れましたが、
それでも間違えて持っていくくらいよく似ているのであります???--#

・・・てなことはどうでも良くて〜(@ ̄∇ ̄@)/~

More
[PR]
by suzuka_bird | 2010-06-30 00:54 | 機材

キットレンズの16-105は・・・

今更ながらのα700導入編、続きます(^^;

キットレンズの16-105の写りはどうでしょう。
これまで使っていた標準ズーム、シグマ17-70mm2.8-4.5DCに
大きな不満はありませんでしたが、
山で使っていると望遠側が不足することが多かったし、
広角側の1mmは随分違う、というのでその辺にも期待。

自宅2階の窓から夕景の鈴鹿16mmワイド端
どうも色が気に入らなくて、WBは蛍光灯で撮ってます。
d0037282_23144084.jpg


もう一枚、105mmテレ端で御在所、鎌。
色温度を7000Kにしてマゼンタをうんと上げると何となく見た目に近い夕景に仕上がります。
d0037282_23171332.jpg


さらにこれまた今更ながらの京都駅ビルのスナップ。105mm
d0037282_231925.jpg


もういっちょ、京都駅ビル。70mm
d0037282_23205470.jpg

[PR]
by suzuka_bird | 2009-07-05 23:17 | 機材

仲良くなれるかな・・・

満身創痍のα7デジを、それでもまだ手放す気はありませんが、
さすがに山に持って行くにはちょっと・・・のぼろぼろ状態で、
これまた、それを持ち運ぶ当人の方もいっそうぼろぼろでして、
重たいカメラは堪えます。
それならばコンデジにすれば良さそうなものですが、
生来の見栄はりで、一眼は手放せない、
#カメラを構えているときはカッコイイ、と云われたことが・・・(^^;
だもんで、最近値下がり著しくコンデジより安くなったαの末っ子を購入。

d0037282_2338111.jpg


やはり心配なのは、すっかり手に馴染み相棒となったα-7D、
#よく入院してくれましたが・・
先代はお気に入りの絵をはき出してくれるようになるまで、いろいろ葛藤がありましたが、
末っ子の方はどうでしょう、仲良くなれるかな。
試し撮りに雨の中木曽川背割堤に出撃・・・

More
[PR]
by suzuka_bird | 2008-10-27 00:56 | 機材

ろくよん

はて?私のお部屋に見慣れないこんなものが・・
d0037282_228171.jpg


サンタさんって、本当にいるんですね!(^^ ;)☆\(`-´メ)
運用の成果やいかに?
ということで、予告編でございます。
To Be Continue・・σ(^◇^;)
[PR]
by suzuka_bird | 2007-12-24 22:10 | 機材

KENKO TELEPLUS PRO300 2×

d0037282_23551161.jpg


ミノルタにはもちろん1.4×の他に、純正の2×テレコンもあって、
めでたくソニーから復活の運びとなるようです。

400mmが800mmになってくれる2×のテレコンはとても魅力的ですが、
画質の劣化が気になるところ。
その点純正品の評判はすこぶるよろしいし、
実際愛用している1.4×の画質から考えても、
使えるのではないか、という期待がいやが上にも高まります。

しかーし、これがいわゆる白レンズにしか装着できない。
手持ちのレンズだとヨンヨンゴだけ。
1.4×のテレコンでは我慢しましたが、ネイチャーフォトが多い自分にとっては
是非にもAF100マクロF2.8にくっつけて、
200mmマクロとしても使えるようにしたかったのです。

そこで、サードパーティに目が行くわけですが、
やっぱり画質ではあまり妥協したくないし〜、
とそこにケンコーの「PRO」シリーズ。
なんたって、PROですよ、PRO。
ヤフオクを見てみると、タマ数が少ない上に中古が2万円くらいで
取引されていたりして、とても手を出す気にはなりません。
が、ということはもしかして使える?
新品でも実売2万円台で手にはいるし、えーいいったれ〜!と
どこのお店で買ったか忘れたけど購入。

で、結論。
初めは「使えんなぁ」でした。
でもそれは遠い猛禽などに使ったからで、元よりロクヨンなどのバズーカ砲か
デジスコで狙うべき対象で、いくらなんでもこの子には酷な条件だったわけです。
その後、ときどき持ち出すようになって、
開放ではピリッとしませんが、一つ二つ絞ってやれば結構使えるなぁ、というのが
今の結論です。もちろんぼくの目のレベルで見て、の話ですけど。

作例は近所の神社のアオバさま。
ヨンヨンゴに付けて800mm、α-7D換算1200mmで撮影。
手持ちでなく、珍しく三脚使ってます。

d0037282_0161251.jpg

[PR]
by suzuka_bird | 2006-09-30 00:18 | 機材

AF400F4.5

d0037282_0471839.jpg


もうほとんど、α-7D常用レンズといっても良いくらいの相棒。
同時にオークションで手に入れた×1.4テレコンは
このレンズに常備で、つまり560mmF6.7のレンズとして使っていることになります。

α7ボディを中古で購入したのが嬉しかった勢いで、梅田のヨドバシカメラで新品で購入。
レンズの方がボディより4倍以上高かった。
もちろん鳥撮用レンズとして購入ですが、
あまりの歩留まりの悪さに、実はα7時代はあまり出番はなし。
軽くて機動性のよいREF500の方が、まだ持って歩く気になったし、
チープな三脚でもそれなりにぶれずに撮れたから。

2004年の暮れ、満を持してα-7D発売、
すぐに購入してから事情は一変しました。
Asの威力は目を見張るほどでした。
×1.4テレコン入れて560mm、αデジならなんちゃって840mmが手持ちでいけてしまうのです。
もうホントにかーちゃんが呆れるのもよそ目に夢中になりました。
この重さなら(約2㎏)なんとか山にも持っていける。
せっせと持ち運びました。

描写は画面の隅まで均等、ピントの来たところのシャープさも満足いくもの。
開放付近でやや2線ボケ傾向あるも、REF500に比べればないに等しい(^^;
コニミノになってすぐにディスコンされて・・・
ソニーになっても復活のお話は聞こえてきませんが手放せない1本です。

このレンズのフィールドデビューの日に手持ちで撮ったルリビタキ。
思い出の一枚。
d0037282_0311834.jpg

[PR]
by suzuka_bird | 2006-09-22 00:36 | 機材

SRT101

高校時代からの愛機、ミノルタSRT101
鉄の写真はこれで撮ってました。


機械式のシャッターは今でもおりるが精度は???
もちろん露出計は動きません。電池はまだ売っているんでしょうか。
当時はこれでモノクロしか撮りませんでした>お金がないから。
TRY-Xの長尺買って、学校の暗室借りて現像から焼き付けまでやってましたから、今では考えられないマメさです。防湿庫で余生を送っていますが、またこれで撮ってみたい、、、と時々思います。
d0037282_2175590.jpg

[PR]
by suzuka_bird | 2005-10-01 21:07 | 機材