鳥見的遊山

カテゴリ:霧ヶ峰( 4 )

高原でお散歩

梅雨らしくしとしと雨が降ったと思ったら、午後からカッと晴れまして暑い一日になりました。
ちょっと気分転換に、ノビ太を撮影したおなじ霧ヶ峰にて、モチロン在庫より(^^;

おなじ顔をした犬ばかり5匹、雪の高原散歩の図。
暑いのが苦手な私は、夏になるとこういうのに癒されます。

冬が待ち遠しい、早く雪降らんかなー(。_゜)☆\(ー_ー)
d0037282_045620.jpg

[PR]
by suzuka_bird | 2009-06-29 00:45 | 霧ヶ峰

昭和枯れすすき

タイトルには何の意味もありません。
とんさまのことでもありません。
気がつけば在庫に片足を突っ込んでいた高原のノビタキなど。

d0037282_16562969.jpg

d0037282_1762758.jpg

d0037282_17103491.jpg

ススキのすだれが刷毛で掃いたようになってちょっと墨絵のような風情です。
この高原も今頃はレンゲツツジ満開で、7月にはいると全山ニッコウキスゲに埋め尽くされ、
たくさんの観光客で賑わうことでしょう。


のび太夫婦。
かーちゃんはやっぱりしずかちゃん?
d0037282_1715052.jpg


飛び出しも。
d0037282_17181643.jpg


More
[PR]
by suzuka_bird | 2009-06-21 17:31 | 霧ヶ峰

雷鴫

霧ヶ峰にて、またの名をオオジシギ、
といいますか、オオジシギが標準和名で別名雷鴫(カミナリシギ)。
主に信州から北の日本列島とサハリンでのみ繁殖、
地球規模で見たら実に繁殖地の狭い鳥さんです。

カミナリシギの名の由来は、とにかく騒々しいシギで、
その♂のディスプレイフライトは、
「ずびーずびー」と天空狭しと飛び回り、テンションが最高潮に達すると
「ずびやくずびやく」と叫びながら尾羽をふるわせ、
ゴゴゴゴゴゴ・・・・といかずちのように頭上に落下してきます。
雷鴫と呼んだ人の気持ちが実に良くわかります。
この興行が♀にはたまらないらしく、
繁殖期には複数の♂がディスプレイフライトを競いあって、♀の気を引きます。

霧ヶ峰の湿原に行きますと、こいつが飛び回っておりましたので
その撮影を試みましたが・・・惨敗でございました。
飛び回る姿をファインダーに捉えるのが精一杯で、さらに動きが3次元なため、
ピントが全く追いつきませんでした。

かろうじてピントのあった一枚。
d0037282_23274814.jpg

思い切りトリミングでもう一枚。
d0037282_23335973.jpg

テンションが最高潮に達したところ。
尾羽を広げて、ゴゴゴゴゴ・・・と音を出します。ボケボケブレブレですが・・・(涙
d0037282_23362039.jpg


一仕事終わると地上に降りてきますが、それでも電柱の上とか周囲より高いところがお好きなようです。
ここでは天然記念物の石碑の上が定位置でした。デジスコにて、トリミングあり。
d0037282_23391543.jpg

d0037282_23445527.jpg


More
[PR]
by suzuka_bird | 2008-06-23 00:08 | 霧ヶ峰

霧ヶ峰のお花三題

これを忘れておりました。この夏の霧ヶ峰の花。

ハイオトギリ α-7+AFマクロ100mm F/2.8
d0037282_12205844.jpg


コバギボウシ α-7+TAMRON SP AF200-500mm F/5-6.3
d0037282_1222743.jpg


コオニユリ α-7+TAMRON SP AF200-500mm F/5-6.3
d0037282_12213164.jpg

[PR]
by suzuka_bird | 2005-09-10 12:22 | 霧ヶ峰